calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

 記事の分類

 過去履歴

 Homepage Link

 雪山堪能!赤岳登頂!八が岳ブルーを満喫!

12月15日5名で赤岳山行に行ってきました。

最高のお天気で無事に赤岳に登頂できました。

下山するのがもったいないくらいの天候でしたが、下山しないわけにもいかず地蔵尾根を使い下山し、行者小屋のテント内で大宴会は言うまでもありません。

 

翌日は、温泉で疲れをいやした後、M山さんお勧めの韮崎のおそば屋さんでもつ煮ともりそばを堪能!

大満足で松戸に戻ってきました。

写真が多くてすみません。

 

カモシカに遭遇!

 

テンバまでもうすぐです💦

 

行者小屋のテンバにテントを設営後赤岳目指して出発です!

 

光り輝く赤岳!展望荘もはっきりと見ることができます!

 

苦しい階段!でも、ルンルンルン(^^♪

 

こんな階段がず〜〜と続きます!

 

ピッケルを刺してガンバ!

 

すれ違いも慎重に

 

この梯子を登れば山頂です

 

最後の一踏ん張り!

 

やったぁ〜〜赤岳山頂です!

 

サイン入りブロマイド発売中!

 

下山開始です!

 

不思議な雲に囲まれている富士山

 

慎重に下ります

 

 

地蔵尾根下山中

 

山男三人衆

 

 


楽しかったテント生活も終わり今度は温泉目指してLet's go!

 

 

思い出をたくさん積んでいます

 

M山さんお勧めの山梨のグルメもつ煮とお蕎麦

 

 


 雪の燕岳/肩に食いこむテント泊

11月24日(土)〜25日(日)4名で燕岳に登ってきました。

「雪がない!」「雪がない!」と出発前は心配しましたが、天から女神と一緒に雪も下りてきて例年に比べると少ないのですが雪の燕を堪能してきました。

夕飯はL兼親分のBRちゃんの美味しい「もつ鍋」で温まりました。具だくさんでとてもおいしかったです。BRちゃんのお陰で寒かったテントの中は真夏状態でした💦💦💦

下山はルンルンルン♪状態で、温泉に入り、M山N男さんお勧めのおそば屋さんで新そば大盛をいただいて帰路につきました。

皆様、お世話になりました。

 

写真は、M山さん、W辺Mさん、を中心にUPさせていただきます。多くてすみません。

燕目指して出発です(^^♪

 

熊笹に雪が積もりとてもきれいです

 

槍がきれいに見えました

 

燕山荘のテンバを目指してLet's go !

 

青空に燕と北燕の稜線が見事です

 

テンバにテントを設営してからいよいよアタックです

 

燕岳山頂に着きました!寒いよ〜〜

 

か弱い女性陣はお先にテンバに戻ります。男性陣は

カメラに無中です

 

槍ヶ岳とイルカ岩!

 

下山前に燕山荘前でハイポーズ!

 

わ〜〜い わ〜〜い

 

有明山をバックに!

お疲れ様でした

 


 星穴岳

 

 空中懸垂

 

10月20日、妙義山系の星穴岳に登りました。メンバーはM田、G志、Y元、M田、Y城の5人。朝は晴れ、中之獄神社から入山します。しょっぱなの階段がきつい! 道迷いしながらも頂上付近まで到着。しかし予報より早く雨が‼ 

 

 

 登頂を断念し、頂上直下から、このルートのハイライト、2段の懸垂下降。恐々、わくわくのミステリー心理。

 

 1段目は20メートルほど。途中から空中懸垂になります。着地点が崖なので、ランディングは難しい、よっちゃん、がんば!  うまくいかへんなー

 

 星穴前でパチリ。

 

 2段目は45メートルの長い懸垂。宮田会長が最終を飾ります。あ! レンズに雨粒!!

 


 日和田山岩トレ

新人、チャレンジ

 

 10月7日(日)−8日、日和田山で外岩を楽しみました。参加者は11人!! 岩沢分科会、流れがきていますね。

 写真右は松の木ハングに挑むY城さん、ビレイヤーは当会きってのクライマーM田さん。写真左は新人E子さん。ステミングに挑戦。

 

バンガローでBQQ、名栗川のせせらぎがよかったです。

 

 

日和田山・南面。祭日でしたが、望みのルートを楽しめました。

 


  Kilimanjaro in Tanzania

キリマンジャロに登ってきました。「いつかは行きたい。。。」と思っていたキリマンジャロ・・・「雪があるうちに」と思っていましたが、数日前にも積雪があり、当日は雪の中真っ白なキリマンジャロを楽しめました。

昨年のカラパタールも素晴らしかったのですが今回も素晴らしい山行ができました。

 

登山口に到着

 

テント泊です。でも毎日cookさんがおいしいタンザニア料理を振るまってくれます

 

タンザニアの夜明け

 

マウエンジ峰(Mawenzi、5149m)の中腹まで高度順化のためにハイキングしました。

 

てっぺんが大好き!

 

ケルンの丘?にも登りました!気分は最高〜〜

 

まさかこの後大雪になるなんて😢

 

右端は元会員の米ちゃん!心強かったです!

 

今日はホロンボキャンプからマンダラハットまで8hのハイキング

 

お世話になったポーターさんたち/😢😢です

 

お世話になったジュマと

 

こんなに真っ白なキリマンジャロ/辛かったなぁ〜〜

 

登頂証明書の授与式

 

辛かったことをもう忘れてしまいました

 

 

 

 

 

 

 


 夕張岳

夕張岳に登ってきました。

関東は梅雨明けということですがここ北海道は毎日雨雨雨・・・etc

どうしてこんなに降るのでしょうか?と聞いても誰も分かりましぇん😢

 

3度目の正直でやっと登れましたが、いつか余裕ができたら再度挑戦したいと思います。

お花はとてもきれいでした。

 

全身ずぶぬれの中、登ってきました。翌日の暑寒別はあまりの雨に中止となりました。

下山後は札幌に向かう途中に小樽へ足を延ばし、海鮮丼などをいただき自分たちにご褒美です。

 

 

 

夕張岳ヒュッテphoto by K田さん

 


ずぶぬれを通りこしていますphoto by K田さん

 

山頂はガスで何も見えましぇんphoto by K田さん

 

夕張草photo by K田さん

 

シラネアオイがきれいでした

 

小樽にお似合いのニヒルな男性お二人


 裏妙義

 6月3日日曜日、裏妙義に行ってきました。メンバーは4人。簡易ハーネスを付けて、鎖場や危険個所の通過を訓練しました。

 

丁須の頭の基部。天辺には人がいますが、我がメンバーではありません。

 

セルフビレイを取りながら桟道をトラバース。

 

鎖場の登りとトラバース。鎖へカラビナを付け外しするのは慣れが必要です。

 

20mのチムニーを降下する。M田さんが上からロープでバックアップを取ります。

 

 

 

 

 


 二子山中央稜

 5月12日、二子山中央稜を登攀した。当日は土曜日とあって結構混んでいた。そのため登攀開始が10時を回っていた。パ−ティはM田、S口組とM田、Y城組。最初はM田がリードで登る。一ピッチ終了点にM田が着きS口さんを確保している時、上部で大きな音がした。最初は何が起きたか分らなかったが、上部のコールでリード者が落ち怪我をしたとのこと。

 そのため一ピッチ終了点で我々四人は事故パーティ(4人)が怪我人を下してくるのを待つが、その間二時間。怪我人が下りてきたので二ピッチ目をM田リ−ドで登り、二ピッチ終了点でS口さんと二人でいたら、事故パーティの残りの一人が下りてきたので、これをフォローしたりしてここでも一時間ぐらい費やしてしまった。3ピッチ目の核心部を4人が登ったところで時間切れとなり、懸垂下降で取り付き点に戻った。

取り付き点

 

パートナーを確保するM田さん

 

核心部を登り切り、大テラスで懸垂下降の順番待ちしてます

 

懸垂で取り付き点へ

 

 

 


 唐松五竜→五竜→タカマタギ

GW後半はお日様は出ても北アルプスでは強風とのこと・・・

変更に変更を重ねて藪漕ぎしてきました💦💦💦

辛い辛い藪漕ぎに心も体も傷だらけ・・・

 

来年は雪がたっぷりとまだ残る3月にまた登ることになりました

 

 

イワウチワの群落/本当にきれいでした

 

イワウチワの群落/photo by K村さん

 

あの新緑のピークを藪こぎしながら越えると今度は雪

 

笹の藪漕ぎだけでなく灌木もたくさん😢/体も心も傷だらけ

 

今度は急登を登ります

 

棒立山山頂にて/後方はタカマタギ山(無理して笑っています)

 

タカマタギ山/この手前の藪を超えないと行けません。

 

しゃくなげは今を盛りと咲いています

 

イワカガミ/photo by K村さん

 

 


 残雪の至仏山に行きました。

きらきらショック

続きを読む >>

<< | 2/30PAGES | >>