calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

 記事の分類

 過去履歴

 Homepage Link

 山頂での絶品芋煮鍋に、贅沢を覚えてしまった件

12/10(日)忘年山行で行った杓子山での出来事を報告します。

 

山の会に入って初めて忘年山行に参加する事が出来ました。土曜日は仕事

だったので、仕事の後、旅館に向かい宴会に参加翌日Mリーダーの杓子山

コースに参加しました。参加者4人です。

 

朝6:20宿を出発(一番早い出発だったのかな?)旅館のおじさんの送迎で

東桂駅へ。電車が来るまで駅舎で朝弁当を食べて待ちました。お弁当に

信玄餅付いてるじゃん!

 

実は参加を申し込んだあと、短いコースだから山頂で芋煮鍋しましょう!

とリーダーから連絡が!わーーーい!

 

そして当日は、素晴らしい天気!ぽかぽかの陽気です!

写真を撮りながらのんびり山頂を目指します。

コースタイムより1時間くらい早く山頂に到着!富士山もきれいだし

南アルプスも、どばーっと見えました。

幸せの鐘も鳴らしておこう。

↓写真家と弟子?

 

素晴らしい景色を満喫したら、いよいよ芋煮鍋クッキング!!!!

ポーターさん、重い荷物をありがとう!私はお水係(楽してしまった)

いつもピークハントが基本で、ご飯は詰め込むもんだと思っていたので

本格的に食材を持って上がり、料理を作る事に感動です。

しかもリーダーが下ごしらえとか、全部してくれて、さらに感動。

具材もきれいに切ってありました。(リーダー男性です)お家でも料理する

んだって。私もそういう旦那さん捕まえたいです。

芋煮鍋と、ご飯温め用

ぐつぐつ煮えるまで、みんなで待つのも楽しい時間。

 

↑料理上手の料理長

青空レストラン!

配膳待ち

↑そして完成!山形風しょう油&牛肉芋煮鍋!!!とほかほかご飯!

これが山頂の食事ですよ!驚愕です。

おーいーしーいーと、山に叫びたいくらい。絶品です!

2017年の最期に、こんな贅沢な山行に参加して、贅沢を覚えてしまって

怖いくらい。お口が肥えたーーー。

リーダーに新たな山の楽しみ方を教えて頂きました。このコースにして

よかったーーーー。

 

美味しいご飯を楽しんで、下山後はみんなで温泉に浸かる。そして、駅では

立派な無料の待合所にて、反省会を開催!!

リーダーが美味しい甲府のワインをごちそうしてくれました。

 

美味しいものですっかり餌付けをされて帰ってきました。

皆できれいな景色を見て、美味しいご飯を食べて、お風呂に入って

宴会をして、2017年の最期を締めくくるにふさわしい山行でした。

リーダーに、ほれてまうやろーと叫ばせて頂きます。


 青くない、ユーシン渓谷。林道ピストンつらい

お天気の都合で、一泊二日から、日帰りに変更し「ユーシンブルー」を

見に行く事になりました。

丹沢の西側、丹沢湖の奥に「ユーシン渓谷」という場所があります。

この渓谷の水が青くて「ユーシンブルー」と呼ばれ話題になっている模様。

 

新松田駅からバスに乗り換えて約40分玄倉バス停で下車です。

玄倉から、ユーシン渓谷までは、ほぼ林道歩きのピストン

これって、山行っていわないよね・・・。

 

メンバーは10名でしたが、初めて一緒に山に行く加〇さんと

一緒にあるけて嬉しかったです。

 

 

玄倉バス停からは富士山がきれい。

出発前に、集合写真

 

行った事ある方はご存じかもしれませんが、玄倉から、ユーシン

ブルーだけ見に行こうとすると、林道のピストンです!!

だから・・・こんな、

こんな、代わり映えの無い写真の連続・・

でも、この先に「ユーシンブルーが見れるかも」という

期待があればこそ!!

林道歩きだからって、1時間で5K歩くペース。ちょっと早すぎ!!

汗だらだら

 

で、青く見えるという場所が近付いて来たよ!!と思ったら、

(ダムとして水をせき止めている場所が青く見えるようです)

ダム、放流してました!!!水を放流すると青く見えないんだって!!

発電所の作業をしていたお兄さんが、丁寧に教えてくれました。

うそでしょ!!!

 

唯一青いかな?と思われる写真がこちらーーーー。

青くもなんともないね

 

もう、ユーシンブルーが無いと分かった途端、もうみんなの

反省会(飲みに行くぞ!)リクエストがすごくて、ただひたすら

道を引き返す、メンバー!

もう飲むしかないって感じです。

 

そんなこんなですが、河原でお昼たべたり、みんなであーだー

こーだいって、歩くのは楽しいんだよなぁ

紅葉はすばらしい

 

で、この日勉強になった事。ほどけない靴ひもの結び方!!!

2013年3月に発行されている松戸山の会の「新人短信豆知識癸院

に乗っているとの事!!勉強不足ですみません!

その日帰ってすぐHP確認しました!他にも見返してみると、

基礎って大事だなと思う内容ばかり。

ほどけない「二重花結び」がこちら!!

次の日から、結び方が身に付くように、普段のスニーカー

の結び方も、これに変えました!

 

下山後大いに反省会を開催し、新しい仲間も出来て、勉強にも

なった山行でした!!

 

「ユーシンブルー」みれなかったので、リベンジします。

 

 


 甲府駅から行く!大蔵経寺山の激坂

行って来ました、大蔵経寺山(だいぞうきょうじやま)バリエーション!

リーダーお好みの、地図読み登山です。

 

甲府駅は立派です。そこからバスで武田神社まで移動しました。

ふと境内の木々を見ると、紅葉がとてもきれいでした。

10月中旬、栗駒山に紅葉を見に行ったのですが、

時期が合わず温泉メインで帰って来たんです。

こんな身近な所でまっかなもみじが見れるとは!

 

このあたりは、まだまだ元気です。

 

この後、地形図とコンパスを頼りに山に入りました。

今回も途中から先頭を歩かせてもらったのですが、久々なのと

予習不足だったのもあり、後ろからの修正が多い(すんません)

もっと勉強しなきゃ!と思いつつ歩きました。

 

で、歩き始めて1時間くらいの地点で目の前に岩壁の様な場所

があり、途中まで岩を登ってみたもののそれ以上は危険な感じ。

リーダーにも戻ろうと言われ、やや引き返しました。

 

皆で周辺をうろうろしながら、踏み跡を探してなんとか急坂を

のぼり正しいルートに修正できた様です。リーダー曰く

もうちょっと手前で迂回するルートがあったのを見落としたのでは?

という事でした。

 

思わず急坂を登る事になり、必死すぎて、写真なんか撮れませんでした。

なんとか、大蔵経寺山へ!

 

帰りには、富士山が見れる場所もありました。

富嶽三十六景の内の一枚は、大蔵経寺山から見た風景を描いた

との案内がありました。

はい、そこからの現在の富士山がこちら・・・。

うーーん、北斎さん富士山とんがり過ぎてません?

 

久しぶりに、リーダーといつものメンバーと山に行けて嬉しかった

です。もっと地図勉強しよーっと。

富嶽三十六景と現在の富士山を比較するのも楽しかったです。

是非お勧めしたいルートでした!

帰りの電車をボックスシートにして、ビールを飲んで帰りました!

 

 

 


 登って下ってまた登る、両神山八丁尾根

紅葉も終わりに近づいた11月25日(土)に日本百名山のひとつ両神山を八丁尾根から8人で登りました。

穏やかな晴天のもと、30近い鎖と、岩場の登り下りの連続でしたが、無事全員が登頂を果たしました。

 

八丁トンネル登山口から八丁峠までの登山道は落ち葉落ち葉で埋もれています

八丁トンネル登山口駐車場から八丁峠までの登山道は落ち葉でいっぱいでした

さっそく登ります

八丁峠からは早くも登りが始まります

岩場では順番に登りました。こんな岩場をいくつも越えます。

鎖場では順番に登りました
ほぼほぼ垂直に近い岩場

岩場を登り

登っては下ります。これを繰り返します。

岩場を下ります

西岳から連続する鎖場を越えての東岳(みんな余裕?)

西岳から東岳の鎖場の連続

東岳からの眺望(晴天の下、360度の展望が広がります)

東岳からの眺望

両神山山頂(全員、表情晴々)

両神山頂

このあとは両神山荘への縦走チームと八丁尾根ピストンチームに分かれての山行。全員が無事に下山し、その後合流しました。

天候にも恵まれ、とても楽しい山行でした。

次はアカヤシオ満開の5月ごろにいかがでしょうか?

 

 


 三条の湯から雲取山

11月5日〜6日

三条の湯から雲取山に行って来ました。

雲取山へは何度となく行っていますが、三条の湯からは初めてでした。林道を3時間歩くんですけど、あっという間に着いちゃいますよ音符ピース天気も良くて紅葉も綺麗でした。晴れもみじ笑

林道終点

 

紅葉の中の三条の湯

 

雲取山

 

奥多摩避難小屋附近からの富士山

 

 


 エベレスト街道&クンデ、カラパタール登頂

エベレスト街道のトレッキングとクンデ、カラパタールを登頂しました。

ず〜〜と前から行きたかったネパールやっと念願が叶い、出かけてきました。

クンデピークの時には曇り空でしたが、お天気にも恵まれ、雲一つない無風の中カラパタール(5545m)にも登頂できました。

 

6000m方の山々を眺めながらのトレッキングは最高にいい気分です( ^^) _U~~

素晴らしいガイドさんにも出会い、彼のロッジで手作りの「お寿司」も堪能🍴

このトレッキングは一生忘れられないものとなりました。

 

ルクラからカトマンズの飛行機は欠航のため、急きょヘリコプターに乗るというアクシデントもいい思い出となりました。

ヤクにはよく会いました🐄

 

ナムチェの入り口/洗濯しています

 

迫りくる6000m峰の山々

 

ガイドさん手作りのお寿司/お醤油もありました

 

カラパタール(5545m)登頂後山頂直下で/エベレストを背に

 

ルクラに帰ってきました/ポーター(ツインバード)さん

重い荷物を担いでくれました

 


 贅沢栗駒山と温泉の旅

紅葉を見に、東北「栗駒山」に行って来ました。

結果を言うと、山頂はすでに時期が終わってました。

(´;ω;`) しょぼーん

 

メンバーは男性2名、女性2名でちょっと少な目

ですが、1日目は移動と温泉と宴会のみ

夕飯は、ごらんの豪華さ!お酒が進みます!

こんな山行、有っていいのでしょうか???

宿泊は、ハイルザーム栗駒

お品書きがあるよ。

4人でお風呂と、食事と、お酒をのんで1日め終了!!

 

2日目やっと、山歩きです。さすが東北((((;゚Д゚))))サムー

とりあえず、朝食は豪華

 

栗駒山は、麓の方が紅葉が見ごろで、上に登る程冬に近づいて

行きました。

天気は雨具着ないぎりぎりの、霧。しっとり濡れる。

途中渡渉などもあり、みんな慎重に、上を目指しました。

栗駒山、山頂

名残ヶ原 木道がきれい

約4時間の歩程を終え、宮城県から、岩手県に入りました。

お楽しみの温泉は須川温泉です。

何と11月から、冬季休業する秘湯らしく再開は4月との事。

偶然すごい温泉に入る事が出来ました。

源泉 緑色のお湯が、いかにも効果ありそう。

入ってみたら、するする、すべすべで、

私は、顔を中心に漬けて来たので、2日くらいもちもち

していました。すごーい。また行きたいけど、なかなか

行ける場所では無い。

 

山歩きも楽しく、温泉入って、美味しい物食べて楽しい

2日間でした。たまには、こんな豪華な感じも良いですよ!

 

 


 浅草岳と守門岳

10月8日〜10日

浅草岳と守門岳に行って来ました。

9日はお天気も良くて紅葉も綺麗でした。

10日は雨模様で残念でした。

めちゃくちゃお酒が美味しかったです

さすが新潟県って感じでしたね

 

浅草岳山道

 

浅草岳近く

 

 


 2017年に2017mの雲取山へ

今回のメンバーは、ほんわかリーダーH村さん、50年ぶり2度目のN村さん、前週に塔ノ岳トレーニングを終えやる気満々Kさん、そしてなぜか今年2度目のY崎です。3連休なか日で奥多摩の駅から大勢の人です。鴨沢からの登山口にも人がいっぱい。当然山頂、山荘も・・・。おかげできつい道中もゆっくり歩けてなんとか二日間を楽しくすごせました。

 

右端は誰でしょう・・・

 

くもじい?

 

無理やり笑顔!

 

なんとか日のあるうちに山頂へ

 

8畳に12人でした

 

 

 


 岩壁登攀

八ヶ岳・小同心 

 9月30日、2班班長のM田さんは会員外の昔のメンバーと八ヶ岳の岩壁、小同心にアタックしました。縦走路とはまったく違う風景に感動しました。

取り付きで準備するM田さん。

 

中間地点、リードする。

 

終了点でのセカンドの確保。


<< | 2/50PAGES | >>