calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

 記事の分類

 過去履歴

 Homepage Link

 百名山達成記念の山行

 

 

茅ヶ岳から見る富士山。

 

 百名山達成記念の山行

 

 

 正二さんが今夏、めでたく百名山を達成しました。これを祝って10月5日、深田久弥先生ゆかりの山、茅ヶ岳・金ヶ岳に登ってきました。天気もよく、頂上からは富士山や八ヶ岳、南アルプスなどの展望が広がっていました。

 

 深田先生の終焉の地で、百名山達成の報告と感謝の祈りを捧げました。

 

茅ヶ岳山頂で記念写真。

 

 


 草紅葉の巻機山へ〜三男一女の避難小屋泊山行〜

9月30日(土)、10月1日(日)に新人3人と、2班のベテランT蔵さんの4人で巻機山へ避難小屋泊で行ってきました。新人3人は初の避難小屋泊。緊張と不安を胸にそれぞれに15kg超のザックを担ぎ、延20km近く歩いてきました。なかなかにきつい道のりでしたが両日ともに天候に恵まれ、T蔵さんの温かい見守りのもと、楽しい山行となりました。

 

目指すは巻機山、牛ヶ岳、割引岳(7合目より)

目指すは巻機山、牛ヶ岳、割引岳(7合目より)

避難小屋に荷物を置いて巻機山山頂 (このあと牛ヶ岳まで足を伸ばしました)

避難小屋に荷物を置いて巻機山山頂(このあと牛ヶ岳まで足を伸ばしました)

とてもきれいな巻機山避難小屋 (この日は30人近い利用者で満員状態、翌朝の小屋内は酒臭い)

とてもきれいな巻機山避難小屋(この日は30人近い利用者で満員状態、翌朝の小屋内は酒臭い)

割引岳山頂手前で10月1日のご来光。この後山頂で山座同定に挑戦

割引岳山頂手前で10月1日のご来光。この後山頂で山座同定に挑戦

素晴らしい景色を名残惜しみながら下山します

素晴らしい景色を名残惜しみながらいざ下山します

背後はSさんが以前登った大源太山と、先週班山行で登った谷川岳(の主脈) 下山後は南魚沼産の新米を購入して、温泉によってから松戸に戻りました。

背後はS藤さんが以前登った大源太山と、先週班山行で登った谷川岳(の主脈)

下山後は南魚沼産の新米を購入し、温泉によってから松戸に戻りました

 


 八甲田山と岩木山

17月10月1〜3日、百名山の八甲田山と岩木山に登ってきました。

 

八甲田山をバックに

岩木山山頂

工事中の弘前城

 


 谷川岳

9月24日(日)

1班の班山行「谷川岳」へ行ってきました。

前日まで天気は不安定でしたが、当日現地の天気は晴れ。

へなちょこリーダーもE原先生に背中を押され、決行を決めました。

結果・・山頂は紅葉も始まり最高の景色に出会えました。

50年ぶりとか40年ぶりとか、すごい会話の中

最高の山行となりました。

へなちょこリーダー

 

岩場が続きます

 

山頂まであと少し

 

トマの耳

 

オキの耳


 スキー同好会

シーズン到来スキー

 

 スキー同好会の皆さん、雪山が目前ですね。下記の日程で今シーズンの打ち合わせを行いますので、ご出席ください。各自、行きたいスキー場や日程など提案をお願いします。

 日時 17年10月11日(水)午後6時10分〜

 会場 全体例会会場

     具志堅

        かぐら・和田小屋前で


 前穂北尾根撤退

7月最終週に荒天のため中止(延期)となった前穂北尾根泣き泣きほっしぃ泣き

やっとのことで「決行」となり元気いっぱいで涸沢に重〜〜いテント装備を背負って頑張りましたゆう★

涸沢ヒュッテでおでんで乾杯も交わし、準備万端手

But、夜中にまさかの泣き0口0ぐすん

 

青空を恨めしく眺めながら下山_| ̄|○汗となりました。

あぁ〜〜来年までの長い宿題となりましたmoe

 

少し色づいたナナカマド

 

おでんで乾杯もしたのに〜〜この時はまさか夜中に雨が降るなんて思いませんでした〜〜

 

こんな青空で登れないなんて〜〜

 

残念だけれど下山開始〜


 筑波 テント設営・調理体験

9月16日(土)、筑波山の麓、筑波高原キャンプ場にテントと食材を皆で持って歩き、テント設営と調理体験をしてきました。計画ではテントで泊まる予定だったのですが台風のため日帰りに変更しました。詳しくは山行記をご覧ください。

皆でテント設営

さんま混ぜご飯・ポテトサラダ・レモン鍋

ここまでで7品完成


 根名草山&鬼怒沼&加仁湯

8月19日〜20日 天気予報は豪雨と雷

最悪状態は温泉ざんまい&宴会を楽しもうと出発

下今市駅で迎えのバスに乗る頃は少し青空 予定通り

金精峠より根名草山へ 途中雷と雨 ひどくはならず

夕方5時前に加仁湯に到着

翌日も雨具を着用せずに鬼怒沼へ

w田校長率いる18人の山と温泉と酒の楽しい旅でした

金精峠へ向かって出発の準備 ここよりかなりの急登

立派な念仏平避難小屋 ここでホット一息

根名草山 後は楽しい事が待ってると喉をごっくんして

急坂を慎重に下ります

酔っ払いメンバーにw田校長もニンマリ

校長!お酒追加していいですか?・・・w辺

鬼怒沼へ出発の朝 温泉効果・酒効果?お肌ツルツルです

 写真撮影 アダム


 H村画伯再び

sivaさんのリクエストに画伯が応えます。

今回は3枚の大作です。

 

 

 


 山の日は尾瀬に行こう

山の日は尾瀬に行こう!

新人が集まって計画し、ベテランのK上さん、K地さん、K村さんに

ご協力いただき、前夜テント泊で行ってきました燧ケ岳!

簡単な山ではなかったけど、いい天気と素晴らしい景色で

何とか登り切りました。

長蔵小屋もいい雰囲気で快適にすごせました。

 

影がワタクシです。

 

青空の元 気分もノリノリ(まだここでは)

 

最後の急登

 

墓石?いえいえ立派なものですよ

 

尾瀬ヶ原と至仏山がばっちり

 

山の会35周年記念tシャツですよ

 

長蔵小屋 趣のあるいい宿でした

 

ロングカン・・

 

翌日は小渕沢田代を散策


<< | 2/49PAGES | >>