calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

 記事の分類

 過去履歴

 Homepage Link

 富士見高原〜編笠山〜西岳馬蹄形縦走

2月10日(土)富士見高原〜編笠山〜西岳を馬蹄形縦走してきました。

編笠ブルーの中、富士見高原を出発し、長い長い樹林帯の登りのあと無事に編笠山頂に着きました💪

その後青年小屋に下りて冬季小屋の前で休憩し、西岳〜不動清水〜富士見高原と長時間かかりましたが、無事に下山しました。

♨に入って冷やした体を温めてしっかりと下山祝いもやりました🍻

太陽の陽がまぶしい中、出発です

 

長〜〜い樹林帯の登りのあとはただひたすら山頂を目指します💦💦

 

編笠山山頂2524Mに到着です✌

 

西岳への縦走のため青年小屋に下ります

 

もうすぐ西岳です

 

西岳到着✌ 不動清水目指して下山開始

 


 三峯神社表参道+三十槌の氷柱見学

2月4日10人で三峯神社表参道+三十槌の氷柱見学に行きました。

表参道は予想を超える雪がありました。

途中、橋、滝などがあり想像以上に楽しめました!

 

いくつかの橋があります。

氷柱になっています。

清浄の滝の前で。

風もなく、ポカポカです。

三峯神社に到着です。

次はバスに乗り、氷柱見学です!

テレビで今話題の「三十槌の氷柱」

 

 


 日光雲竜渓谷 氷瀑鑑賞

2月3日に日光雲竜渓谷の氷瀑鑑賞に参加しました。

この日は土曜日ということもあって多くの登山者で賑わっていました。

 

朝9時、日光駅からタクシーで車止めゲートまで進む予定でしたが、すでに駐車場は一杯。結局、ゲート手前の資材置き場(写真)でタクシーを降り、ここから歩きはじめました。

ゲートから林道を約2時間歩いた洞門岩でアイゼンを装着。

風もなく穏やかな天候なのでここまでは皆、薄着です。

雲竜渓谷では何度か渡渉します。流れが強く、水かさもあることから慎重に渡りました。

雲竜渓谷、少し青みかかった氷柱が一面に広がります。一部では氷柱の崩落が始まっていました。

雲竜氷瀑

帰りは静かな林道をサクサクと歩いて資材置き場まで戻りました。

穏やかな天候のもと、神秘的な氷の世界を堪能できた一日でした。

参加された皆さん、お疲れ様でした。今後ともよろしくお願いいたします。

 


 平標ブルー

平標山に登ってきました。

BCがほとんどで登山者は1割程度でした😢

今日は朝から☀〜〜しかし「天気予報」通りお昼には☁そして❅となりました。

 

ヤカイ沢からのピストンでしたがとても楽しい平標山行となりました💦💦

 

右端に見えるのは苗場山

 

平標ブルーの中歩きます👣 Yちゃん、頑張れぇ〜〜

 

Y中教授ではありませんよ。山頂までラスト1キロ〜

 

山頂は目前💦💦💦 ラストスパートです(photo by T葉さん)

 

仙ノ倉岳

 

平標山頂

 

 

 


 山行部企画「地図読み山行」

2018年1月28日、山行部企画「地図読み山行」へ行ってきました。

遅刻者がいたことは内緒です。

 

武蔵横手駅で地図読み講習会

 

この山は地図読みのメッカみたい

 

少し雪も残っていました

 

今回のメンバー

 

花より・・・

 

こっちですね


 青と白の素晴らしいコントラスト上州武尊山

上州武尊山に登ってきました。2年前は雲の中の上州武尊山😢

でも今日は全く別世界 ^^) _旦~~

風もなくまるで春のような中、テクテクテク👣

 

核心部の剣が峰も難なくクリアー✌

温泉にまったりと浸かり松戸に戻って参りました!(^^)!

さぁ〜〜核心部の剣が峰の登り

 

剣が峰を通った後は、いくつかのUp&downを繰り返します

 

マッターホルンのような剣が峰(下りは核心部です)

 

武尊ブルー

 

山頂到着

 

山頂からの帰りまた剣が峰に向かいます(やったぞ〜〜)

 

核心部を登り返します

 

剣が峰より上州武尊を臨む

(よく歩きましたね〜〜)

 

モンスターの赤ちゃん

 

 

 

 

 


 北八ヶ岳リベンジ山行

1/6〜1/7渋の湯〜白駒池〜青苔荘〜茶臼〜縞枯山〜北横岳

のんびり山行です。

青苔荘はコタツもあり快適。

カチコチ白駒池の上を歩いてみます。

気になります!体重で氷が割れ💦割れないかと(笑)

お天気が良くて有難いです。

次は↓に登るぞ!!


 初冬の丹沢主稜縦走(塔ノ岳、丹沢山、蛭ヶ岳、檜洞丸)

12月16日、17日の丹沢主稜縦走に参加しました。

16日は雨になるという予報でしたが、雨に降られることもなく、晴天のもと9人全員で完歩しました。

20kmを越える長い道のりでしたが、リーダー、サブリーダーを中心に、富士山と絶景を眺めながらのとても楽しい山行でした。

(写真をクリックすると画像が大きくなります)

振り返れば相模湾、江ノ島、三浦半島、房総半島、伊豆半島、大島まで見渡すことができました

大倉尾根はひたすらの登りですが、背後には相模湾、江ノ島、三浦半島、房総半島、遠く大島まで見渡せました。

13時に塔ノ岳山頂に到着。強風と寒さのため早々に本日1枚目の集合写真を撮って、尊仏山荘で休憩(この日、富士山はずっと雲に隠れて見ることはできませんでした)

13時に塔ノ岳。強風と寒さのため、このあとは尊仏山荘でしばし休憩。

(結局、雲に隠れてこの日、富士山を見ることはできませんでした)

15時にようやく丹沢山に到着。

みやま山荘で受付終了後は、食堂の一角を借りて今日が誕生日のS木さんを囲んで夕飯の時間まで祝杯をあげました。

偶然、山荘では県連の方々と一緒になりました。

翌朝は6時30分から朝食をとり、6時50分に小屋を出発。朝陽に照らされた富士山を見ながら蛭ヶ岳を目指します。

翌日は朝6時30分から朝食をとり、6時50分に小屋を出発忙

朝日に照らされた富士山を見ながら蛭ヶ岳を目指しました。

蛭ヶ岳山頂にて

檜洞丸

檜洞丸

15時40分のバスに間に合わせるため早歩きで下山しました

15時40分のバスに間に合わせるため早歩きで下山します。

無事、5分前に西丹沢自然教室に到着。この後バスに乗りこみ帰路につきました。

 

リーダー、サブリーダー、参加された皆様、お疲れ様でした。今後ともよろしくお願いいたします。 

 


 山頂での絶品芋煮鍋に、贅沢を覚えてしまった件

12/10(日)忘年山行で行った杓子山での出来事を報告します。

 

山の会に入って初めて忘年山行に参加する事が出来ました。土曜日は仕事

だったので、仕事の後、旅館に向かい宴会に参加翌日Mリーダーの杓子山

コースに参加しました。参加者4人です。

 

朝6:20宿を出発(一番早い出発だったのかな?)旅館のおじさんの送迎で

東桂駅へ。電車が来るまで駅舎で朝弁当を食べて待ちました。お弁当に

信玄餅付いてるじゃん!

 

実は参加を申し込んだあと、短いコースだから山頂で芋煮鍋しましょう!

とリーダーから連絡が!わーーーい!

 

そして当日は、素晴らしい天気!ぽかぽかの陽気です!

写真を撮りながらのんびり山頂を目指します。

コースタイムより1時間くらい早く山頂に到着!富士山もきれいだし

南アルプスも、どばーっと見えました。

幸せの鐘も鳴らしておこう。

↓写真家と弟子?

 

素晴らしい景色を満喫したら、いよいよ芋煮鍋クッキング!!!!

ポーターさん、重い荷物をありがとう!私はお水係(楽してしまった)

いつもピークハントが基本で、ご飯は詰め込むもんだと思っていたので

本格的に食材を持って上がり、料理を作る事に感動です。

しかもリーダーが下ごしらえとか、全部してくれて、さらに感動。

具材もきれいに切ってありました。(リーダー男性です)お家でも料理する

んだって。私もそういう旦那さん捕まえたいです。

芋煮鍋と、ご飯温め用

ぐつぐつ煮えるまで、みんなで待つのも楽しい時間。

 

↑料理上手の料理長

青空レストラン!

配膳待ち

↑そして完成!山形風しょう油&牛肉芋煮鍋!!!とほかほかご飯!

これが山頂の食事ですよ!驚愕です。

おーいーしーいーと、山に叫びたいくらい。絶品です!

2017年の最期に、こんな贅沢な山行に参加して、贅沢を覚えてしまって

怖いくらい。お口が肥えたーーー。

リーダーに新たな山の楽しみ方を教えて頂きました。このコースにして

よかったーーーー。

 

美味しいご飯を楽しんで、下山後はみんなで温泉に浸かる。そして、駅では

立派な無料の待合所にて、反省会を開催!!

リーダーが美味しい甲府のワインをごちそうしてくれました。

 

美味しいものですっかり餌付けをされて帰ってきました。

皆できれいな景色を見て、美味しいご飯を食べて、お風呂に入って

宴会をして、2017年の最期を締めくくるにふさわしい山行でした。

リーダーに、ほれてまうやろーと叫ばせて頂きます。


 青くない、ユーシン渓谷。林道ピストンつらい

お天気の都合で、一泊二日から、日帰りに変更し「ユーシンブルー」を

見に行く事になりました。

丹沢の西側、丹沢湖の奥に「ユーシン渓谷」という場所があります。

この渓谷の水が青くて「ユーシンブルー」と呼ばれ話題になっている模様。

 

新松田駅からバスに乗り換えて約40分玄倉バス停で下車です。

玄倉から、ユーシン渓谷までは、ほぼ林道歩きのピストン

これって、山行っていわないよね・・・。

 

メンバーは10名でしたが、初めて一緒に山に行く加〇さんと

一緒にあるけて嬉しかったです。

 

 

玄倉バス停からは富士山がきれい。

出発前に、集合写真

 

行った事ある方はご存じかもしれませんが、玄倉から、ユーシン

ブルーだけ見に行こうとすると、林道のピストンです!!

だから・・・こんな、

こんな、代わり映えの無い写真の連続・・

でも、この先に「ユーシンブルーが見れるかも」という

期待があればこそ!!

林道歩きだからって、1時間で5K歩くペース。ちょっと早すぎ!!

汗だらだら

 

で、青く見えるという場所が近付いて来たよ!!と思ったら、

(ダムとして水をせき止めている場所が青く見えるようです)

ダム、放流してました!!!水を放流すると青く見えないんだって!!

発電所の作業をしていたお兄さんが、丁寧に教えてくれました。

うそでしょ!!!

 

唯一青いかな?と思われる写真がこちらーーーー。

青くもなんともないね

 

もう、ユーシンブルーが無いと分かった途端、もうみんなの

反省会(飲みに行くぞ!)リクエストがすごくて、ただひたすら

道を引き返す、メンバー!

もう飲むしかないって感じです。

 

そんなこんなですが、河原でお昼たべたり、みんなであーだー

こーだいって、歩くのは楽しいんだよなぁ

紅葉はすばらしい

 

で、この日勉強になった事。ほどけない靴ひもの結び方!!!

2013年3月に発行されている松戸山の会の「新人短信豆知識癸院

に乗っているとの事!!勉強不足ですみません!

その日帰ってすぐHP確認しました!他にも見返してみると、

基礎って大事だなと思う内容ばかり。

ほどけない「二重花結び」がこちら!!

次の日から、結び方が身に付くように、普段のスニーカー

の結び方も、これに変えました!

 

下山後大いに反省会を開催し、新しい仲間も出来て、勉強にも

なった山行でした!!

 

「ユーシンブルー」みれなかったので、リベンジします。

 

 


<< | 2/51PAGES | >>