calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

 記事の分類

 過去履歴

 Homepage Link

 水ノ塔山〜篭ノ登山湯ノ丸林道を経て高峰温泉へ/雪の中のプチ縦走成功!

2月17日(土)水ノ塔山〜篭ノ登山へプチ縦走してきました💪

スタートは青空が見えていましたが、しばらくすると曇り空になり雪も降ってきました。

水ノ塔山を過ぎてからはトレースがなく、ラッセル×ラッセル×ラッセル💦💦💦

 

湯ノ丸林道もラッセルでワカンを履く始末😢

 

But,but,but雪山のプチ縦走を完登して大満足の4人でした!(^^)!

温泉で温まり渋滞もなく松戸に戻って参りました✌

 

スタートは青空

 

高峰山をバックに水ノ塔山を目指します

 

まだまだ余裕の3人✌ 篭ノ登山目指して出発です

 

篭ノ登山まではラッセル×ラッセル

 

ラッセルして辿り着いた東篭ノ登山

 

湯ノ丸林道もラッセル😢 ガードレールもスッポリと埋まっています

 

 

 

 


 日光雲竜渓谷 氷瀑鑑賞

2月3日に日光雲竜渓谷の氷瀑鑑賞に参加しました。

この日は土曜日ということもあって多くの登山者で賑わっていました。

 

朝9時、日光駅からタクシーで車止めゲートまで進む予定でしたが、すでに駐車場は一杯。結局、ゲート手前の資材置き場(写真)でタクシーを降り、ここから歩きはじめました。

ゲートから林道を約2時間歩いた洞門岩でアイゼンを装着。

風もなく穏やかな天候なのでここまでは皆、薄着です。

雲竜渓谷では何度か渡渉します。流れが強く、水かさもあることから慎重に渡りました。

雲竜渓谷、少し青みかかった氷柱が一面に広がります。一部では氷柱の崩落が始まっていました。

雲竜氷瀑

帰りは静かな林道をサクサクと歩いて資材置き場まで戻りました。

穏やかな天候のもと、神秘的な氷の世界を堪能できた一日でした。

参加された皆さん、お疲れ様でした。今後ともよろしくお願いいたします。

 


 平標ブルー

平標山に登ってきました。

BCがほとんどで登山者は1割程度でした😢

今日は朝から☀〜〜しかし「天気予報」通りお昼には☁そして❅となりました。

 

ヤカイ沢からのピストンでしたがとても楽しい平標山行となりました💦💦

 

右端に見えるのは苗場山

 

平標ブルーの中歩きます👣 Yちゃん、頑張れぇ〜〜

 

Y中教授ではありませんよ。山頂までラスト1キロ〜

 

山頂は目前💦💦💦 ラストスパートです(photo by T葉さん)

 

仙ノ倉岳

 

平標山頂

 

 

 


 山行部企画「地図読み山行」

2018年1月28日、山行部企画「地図読み山行」へ行ってきました。

遅刻者がいたことは内緒です。

 

武蔵横手駅で地図読み講習会

 

この山は地図読みのメッカみたい

 

少し雪も残っていました

 

今回のメンバー

 

花より・・・

 

こっちですね


 青と白の素晴らしいコントラスト上州武尊山

上州武尊山に登ってきました。2年前は雲の中の上州武尊山😢

でも今日は全く別世界 ^^) _旦~~

風もなくまるで春のような中、テクテクテク👣

 

核心部の剣が峰も難なくクリアー✌

温泉にまったりと浸かり松戸に戻って参りました!(^^)!

さぁ〜〜核心部の剣が峰の登り

 

剣が峰を通った後は、いくつかのUp&downを繰り返します

 

マッターホルンのような剣が峰(下りは核心部です)

 

武尊ブルー

 

山頂到着

 

山頂からの帰りまた剣が峰に向かいます(やったぞ〜〜)

 

核心部を登り返します

 

剣が峰より上州武尊を臨む

(よく歩きましたね〜〜)

 

モンスターの赤ちゃん

 

 

 

 

 


 初冬の丹沢主稜縦走(塔ノ岳、丹沢山、蛭ヶ岳、檜洞丸)

12月16日、17日の丹沢主稜縦走に参加しました。

16日は雨になるという予報でしたが、雨に降られることもなく、晴天のもと9人全員で完歩しました。

20kmを越える長い道のりでしたが、リーダー、サブリーダーを中心に、富士山と絶景を眺めながらのとても楽しい山行でした。

(写真をクリックすると画像が大きくなります)

振り返れば相模湾、江ノ島、三浦半島、房総半島、伊豆半島、大島まで見渡すことができました

大倉尾根はひたすらの登りですが、背後には相模湾、江ノ島、三浦半島、房総半島、遠く大島まで見渡せました。

13時に塔ノ岳山頂に到着。強風と寒さのため早々に本日1枚目の集合写真を撮って、尊仏山荘で休憩(この日、富士山はずっと雲に隠れて見ることはできませんでした)

13時に塔ノ岳。強風と寒さのため、このあとは尊仏山荘でしばし休憩。

(結局、雲に隠れてこの日、富士山を見ることはできませんでした)

15時にようやく丹沢山に到着。

みやま山荘で受付終了後は、食堂の一角を借りて今日が誕生日のS木さんを囲んで夕飯の時間まで祝杯をあげました。

偶然、山荘では県連の方々と一緒になりました。

翌朝は6時30分から朝食をとり、6時50分に小屋を出発。朝陽に照らされた富士山を見ながら蛭ヶ岳を目指します。

翌日は朝6時30分から朝食をとり、6時50分に小屋を出発忙

朝日に照らされた富士山を見ながら蛭ヶ岳を目指しました。

蛭ヶ岳山頂にて

檜洞丸

檜洞丸

15時40分のバスに間に合わせるため早歩きで下山しました

15時40分のバスに間に合わせるため早歩きで下山します。

無事、5分前に西丹沢自然教室に到着。この後バスに乗りこみ帰路につきました。

 

リーダー、サブリーダー、参加された皆様、お疲れ様でした。今後ともよろしくお願いいたします。 

 


 登って下ってまた登る、両神山八丁尾根

紅葉も終わりに近づいた11月25日(土)に日本百名山のひとつ両神山を八丁尾根から8人で登りました。

穏やかな晴天のもと、30近い鎖と、岩場の登り下りの連続でしたが、無事全員が登頂を果たしました。

 

八丁トンネル登山口から八丁峠までの登山道は落ち葉落ち葉で埋もれています

八丁トンネル登山口駐車場から八丁峠までの登山道は落ち葉でいっぱいでした

さっそく登ります

八丁峠からは早くも登りが始まります

岩場では順番に登りました。こんな岩場をいくつも越えます。

鎖場では順番に登りました
ほぼほぼ垂直に近い岩場

岩場を登り

登っては下ります。これを繰り返します。

岩場を下ります

西岳から連続する鎖場を越えての東岳(みんな余裕?)

西岳から東岳の鎖場の連続

東岳からの眺望(晴天の下、360度の展望が広がります)

東岳からの眺望

両神山山頂(全員、表情晴々)

両神山頂

このあとは両神山荘への縦走チームと八丁尾根ピストンチームに分かれての山行。全員が無事に下山し、その後合流しました。

天候にも恵まれ、とても楽しい山行でした。

次はアカヤシオ満開の5月ごろにいかがでしょうか?

 

 


 エベレスト街道&クンデ、カラパタール登頂

エベレスト街道のトレッキングとクンデ、カラパタールを登頂しました。

ず〜〜と前から行きたかったネパールやっと念願が叶い、出かけてきました。

クンデピークの時には曇り空でしたが、お天気にも恵まれ、雲一つない無風の中カラパタール(5545m)にも登頂できました。

 

6000m方の山々を眺めながらのトレッキングは最高にいい気分です( ^^) _U~~

素晴らしいガイドさんにも出会い、彼のロッジで手作りの「お寿司」も堪能🍴

このトレッキングは一生忘れられないものとなりました。

 

ルクラからカトマンズの飛行機は欠航のため、急きょヘリコプターに乗るというアクシデントもいい思い出となりました。

ヤクにはよく会いました🐄

 

ナムチェの入り口/洗濯しています

 

迫りくる6000m峰の山々

 

ガイドさん手作りのお寿司/お醤油もありました

 

カラパタール(5545m)登頂後山頂直下で/エベレストを背に

 

ルクラに帰ってきました/ポーター(ツインバード)さん

重い荷物を担いでくれました

 


 2017年に2017mの雲取山へ

今回のメンバーは、ほんわかリーダーH村さん、50年ぶり2度目のN村さん、前週に塔ノ岳トレーニングを終えやる気満々Kさん、そしてなぜか今年2度目のY崎です。3連休なか日で奥多摩の駅から大勢の人です。鴨沢からの登山口にも人がいっぱい。当然山頂、山荘も・・・。おかげできつい道中もゆっくり歩けてなんとか二日間を楽しくすごせました。

 

右端は誰でしょう・・・

 

くもじい?

 

無理やり笑顔!

 

なんとか日のあるうちに山頂へ

 

8畳に12人でした

 

 

 


 岩壁登攀

八ヶ岳・小同心 

 9月30日、2班班長のM田さんは会員外の昔のメンバーと八ヶ岳の岩壁、小同心にアタックしました。縦走路とはまったく違う風景に感動しました。

取り付きで準備するM田さん。

 

中間地点、リードする。

 

終了点でのセカンドの確保。


| 1/27PAGES | >>